新・メタレドの楽しんだもん勝ち!

様々な作品について語ったり語らなかったりするサイト

牙狼<GARO>-GOLDSTORM-翔 第17話 「鏡」 感想

反射する真実
闇堕ちの理由は大体悲しいよね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・ある騎士と法師の過去
 前回のラストでビルの一角ごと飛ばしてどっかに行ったジンガと連れ去られた莉杏の後を追ってリュメ様が飛び去り、残った流牙たちはリュメ様によって拘束されたアミリの見張りをしていました。
 しかしアミリが突然苦しみだしたかと思ったら、急に落ち着いた雰囲気になって何事かと思いました。どうやらホラーになる前の人格を取り戻したようで(ということは今までの人格はホラーってことなのかな?)突然自分たちの過去を語り出しました。
 
 ジンガとアミリは元々各地を転々としながら活動する魔戒騎士と法師の夫婦(かつてのジンガが普通に士に見えてしょうがない)で、2人の間にはユウトという息子もいましたが、ある時魔獣に襲われないように子供を生け贄に捧げる村に訪れ、魔獣に倒すことになりました。案の定魔獣の正体はホラーでジンガとアミリは何とか倒すことが出来ましたが、村に戻ってきたらユウトが村人に生け贄として殺されていたいました。怒りのあまり村人を殺しまくって火群の里の法師の自爆を喰らっても生き延び、その後ホラーに憑依された、というのです。
 
 何というか……やっぱり人間に失望してホラーになったくちだったんですね。そしてその村こそガルドとハルナの故郷の村、つまり2人の家族を殺した騎士はジンガというのも大方予想通りでした。家族殺されたらそりゃ人間嫌いになっちゃうよね。ベルナルドさんとかの過去もそうだけど、このシリーズの闇落ちした人たちの経緯は悲しいものが多くて多くて……。まぁそれでもジンガたちの外道っぷりを許すことは出来ないんですけどね。
 
 
・鏡の中
 それはそうとジンガの力の源である鏡をどうにかしようとダイゴさんがいきなり割っちゃうんですが、ヒビがあっという間に戻って流牙を吸い込んだときはちょっと笑ってしまいました。そして鏡の中にある闇の世界に迷い込んだ流牙。ザルバはこういう時話し相手になってくれるからいいですよね。
 そしてガルドたちは流牙を助け出すためにアミリからその方法を教えてもらうのですが、これまでの礼儀正しい姿は全部演技だった彼女にまんまと騙されて逃がしてしまう場面はバカだなぁ、と少し呆れてしまいました。というか話した過去はともかく態度はどう見ても演技に違いないのにホイホイ騙されてしまうとは……。リュメ様はこいつらだけでアミリの監視を任せるべきではなかった。
 
 
・絶体絶命
 一方特撮でよく見る遺跡に辿り着いたジンガと莉杏の前にリュメ様が現れてジンガとの対決が始まるのですが、さすがのリュメ様と言えども1人でジンガを相手にするのはきついようですね。というか莉杏が完全に囚われのお姫様になっている。
 流牙の方も闇の世界で謎の怪物と戦うようですが……その怪物のシルエット、羅号じゃないですかね?いやさすがに違うとは思いますけどシルエットがそっくりで羅号にしか見えなくて……。もし本当に羅号だったら流牙はまたあいつを倒さなければならないので、かなり酷な展開になりますね。
 
 
 というわけで段々と追い詰められてきた流牙たちですが、個人的に流牙はこういった絶望的な状況から立ち上がる姿が一番似合う主人公だと思っているのでここからどう反撃するのか楽しみだったりします。果たしてどうなる次回!?
 
 ではまた、次の機会に。